HOME

新着情報更新履歴

日本の経済状況による影響

株式投資というのは、デイトレードであったとしても、長期視点で長く株を保有するとしても、その企業が拠点としている国や世界の景気を見る必要があります。

例えば、リーマンショック後に、日経平均株価が暴落した時に、株を購入した人たちは、その後の景気回復によって、利益を得ることができました。

株価が下がった時に買って、株価が上がった時に売れば、利益を得ることができるのは当然の事です。

それは長期で株を保有して景気回復後に売る場合でもデイトレードで毎日売買し続ける場合でも同じです。

デイトレードだったとしても、確率論的に言って景気後退と景気回復の流れが大きく影響します。

景気が上昇気流の時に、投資を始めることができれば、長期視点だとしてもデイトレードだとしても利益が得られる確率は高くなります。

今現在、日本で投資が流行していないのは経済状況が大きく影響していることが考えられますが、今後アベノミクスによって好景気の予兆が見えてくれば、株式投資について検討する価値があると言えます。

HOME